庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

ポール・マッカートニー

本・まんがで見つけたポール・マッカートニー

音楽系「以外」の本でポール・マッカートニーが言及されたケース集。「こんなところにポールが?」というちょっと意外な取り上げられ方も含まれています。

映画「イエスタデイ」-違和感の解消、「僕はビートルズ」との違い

当初あった映画への違和感はファンの友人たちとの語り合いでどう解消されたか。「僕はビートルズ」との最大の違いは。

Abbey Roadをカッティングマスターテープで聴く

CDやLPの元になるカッティングマスターテープ。Abbey Roadの音はどう違っていたか。

2018年の収穫

2018年に特に印象に残った本、音楽、演劇、買い物。

そんな気持ちで行ってもMAGICはMAGIC - Paul McCartney FRESHEN UP JAPAN TOUR 2018 名古屋公演(2018年11月8日)

5年間で4回の公演。ほんの5年前には想像すらしていなかったこの贅沢な状況。そして大きな変更のない演出・セットリスト。それで、最初から今回は1公演だけと決めていました。そんな気持ちで行った名古屋でしたが・・・ 音楽界の伝説が今も新譜を引っさげてツ…

星加ルミ子さん講演・サイン会(ペニーレイン神戸)+ご本

ペニーレイン神戸での星加ルミ子さんの講演とサイン会で感じた、星加さんがビートルズの厚意と信頼を得た理由や、ご本の内容。

来日?しんどいな・・・と思っていたけれど-Paul McCartney ONE ON ONE JAPAN TOUR 2017

ポール・マッカートニー2017年の来日についてのその時々の思いをメモ。ツアーパンフへのコメントも。

ポール・マッカートニーのメモまとめ

ポール・マッカートニーとビートルズに関する主なメモのまとめ。キンタイア&ポール農場訪問、日本のゆかりの地、2002年追っかけ、ラスベガスLOVEなど。

2015年の収穫

2015年、このメモをお読みいただきありがとうございました。この1年で特に印象深かったもの・役だったものを挙げます。 本 半藤一利「昭和史」(2004年・2009年) 須田慎太郎・矢部宏治・前泊博盛「本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること…

映画で見つけたポール・マッカートニー

音楽系の映画は含まれていませんし、ポール本人が出てくるわけでもありません。あくまで「こんなところにポールにつながるネタが?」というちょっと意外な取り上げられ方を対象にしています。

新聞・雑誌で見つけたポール・マッカートニー

音楽系の雑誌・記事ではなく、あくまで「こんなところにポールが?」というちょっと意外な取り上げられ方を対象にしています。

2015年9月 再生回数上位曲

Paul McCartney / Once Upon A Long Ago (Long Version) The Beach Boys / Good To My Baby The Beatles / Long Tall Sally The Beatles / Paperback Writer Paul McCartney / Wanderlust Yellow Magic Orchestra / Taiso レイ ハラカミ / lust レイ ハラカ…

マグリット展(京都市美術館)

「ルーブル美術館展」の後、そのままこちらへ。少し疲れてるけど気にしない。 作品の変遷が呼び起こす思い さて、次のリンクをご覧いただくと、マグリット作品の変遷がおわかりいただけるかと思います。マグリット展公式サイト・みどころ・展覧会構成(別ウ…

ポールとオーディエンスの壮大なコミュニケーション - ポール・マッカートニー2015年日本武道館公演

2015年のポール・マッカートニー日本武道館公演、その一日の個人的な記録と、この公演の何が特別だったかについてのメモ。

Daytime Nightime Suffering - Paul McCartney OUT THERE JAPAN TOUR 2014 チケット発売開始から最終公演予定日まで

昨年同様、個人的なメモとして書きました。 2014年3月26日(水) 本日は東京へ宿泊出張。 17:00 ポール公式LINEで「明日、日本の皆さんに大事なお知らせがあります。」これは再来日以外の何ものでもないだろうと仲間内が俄然祭り状態に。 22:00過ぎ ツアー公…

スカパーのポール・マッカートニー特番を最も安く観るプラン 他

※番組の写真ではありません。自分で撮影したものです。 スカパーで3月22日にポール・マッカートニー東京公演(2013年OUT THERE JAPAN)を含む特番"ALL McCARTNEY"が放送されると聞き、とりあえずどういうプランなら一番安く観られるのかを知りたくてスカパー…

ポール・マッカートニー来日前後に発売されたムック・本

2013年の11月前後は、本屋に行くたびにうれしくなっていました。ポール関連本だらけでしたから。そんな関連本の中で、個人的に印象に残った部分をメモします。私がポール本に求めているのは原則「事実・データ」「本人または重要関係者インタビュー」で、レ…

愛しのフリーダ

公式サイト[概要]フリーダ・ケリーは、ビートルズの大ファンだった17歳の時ビートルズの秘書になり、その後11年間彼らとともに仕事をした。彼女はそのことを自分の家族にさえ話したことがなかったが、息子が亡くなったとき「何も伝えられなかった」と感じ…

After the Ball - Paul McCartney OUT THERE JAPAN TOUR 2013を振り返って

怒濤のポールウィークが過ぎ去りました。以下、個人的な備忘録です。この大切な経験と思い出を保存しておくつもりでつらつらと書いてみました。 ※発売されたムックの感想などはこちらにカキマシタ!カキマシタ! 全公演を通じて ポール元気で若い。いい仕事…

小学校低学年の子どもとライブに行くときに

大阪2日目は、6歳・小学校1年の長男を連れていきました。本人の希望だったものの、30分ももたないんじゃないかと思っていました。ポールの音楽に親しんでいる(私が聴いている横で聴いていたり、PVを横で見ていたり)ものの、知らない曲もたくさんあるだろう…

Paul McCartney OUT THERE JAPAN TOUR 2013 大阪2日目 グッズ一覧&販売状況

今回のツアーでは大阪のライブはもうないし同じことをなさっている方もいらっしゃるだろうしで、この情報が役に立つかどうかは不明ですが、一応メモします。※今後、値上げ並びに品切れのまま復活しない可能性もありますので、あくまで参考程度にご覧ください…

Paul McCartney OUT THERE JAPAN TOUR 2013 大阪公演初日 ライブ内容以外のメモ

気づいたことをメモしておきます。 グッズかなり並んでる。私は並んでないけど、18時過ぎの時点では並んで10分とかで買える長さじゃなかった。メッセンジャーバッグ等数点が既に売り切れ。補充があるかは不明。終演後も販売してるけど、こちらは売り場すら観…

Let It Beキラキラ大作戦@来日公演

いよいよ11日(月)からポール・マッカートニーの来日公演が始まります。私は全6公演でこの作戦に参加するつもりです。ライブに足を運ばれる方も、よろしければご参加ください。 (11月11日追記)大阪初日はこんな感じでした。撮影OKのためスマホやカメラの画…

2013年10月再生回数上位曲 + Paul McCartney "NEW"

Paul McCartney / Queenie Eye Paul McCartney / NEW Paul McCartney / Everybody Out There Paul McCartney / Road Paul McCartney / Early Days Paul McCartney / On My Way To Work Paul McCartney / Turned Out Paul McCartney / Scared Paul McCartney …

ビートルズと私

「ビートルズと私」公式サイトビートルズの大ファンのあるミュージシャンが、ビートルズのメンバーに縁のある人を訪ね歩いて撮ったインタビュー集。「縁のある人」には、メンバーの古くからの友人、ミュージシャン仲間(ブライアン・ウィルソンやアート・ガ…

Rockshow劇場公開

2回観ました。梅田と西宮北口で。告白しますがストロベリーワイン持ち込んで一緒に飲みました。最初のポールのメッセージにまず感激。YouTubeで昨日のライブの様子がすぐわかってしまう世の中でも、公式の映像をしかも大画面で、というのはそれだけでうれし…

2012年の収穫

旅行といっていいのかわかりませんが、この夜のことは忘れることはないでしょう。 ポールの会・京都(金閣寺、御所、料理旅館吉川)

ポール・マッカートニーが見た京都(金閣寺、御所、料理旅館吉川)

2002年11月、ポール・マッカートニーは京都を訪れました。その足跡を、ポールファンの女子お二人とともにたどりました。 金閣寺 まずはMさんと私で金閣寺へ。阪急西院駅からバスで。ポールは夜に貸し切りで訪れたようですが、もちろんそんなことはできないの…

ポール・マッカートニーが「本当の日本人」と呼び信頼した永島達司とはどんな人物だったのか

妻を失いインタビューをすべて断っていた時期のポール・マッカートニーが「タツのためならいくらでも質問に答えよう」と応じた永島達治とはどんな人物だったのか。

The Lumberjacks Review/it's…"六本木・ポール心の古希まつり"

ポール・マッカートニー70歳の誕生日前日。六本木アビーロードで、ポールのソロ曲ばかり2時間以上のライヴを、友人バンドランバージャックスがやってくれるというので、関西からかけつけました。 第1部:ランバージャックス アコースティックセット1. The So…


当ブログの関連メモ(Google選定)・広告


(広告)