庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

「マッカートニー 3,2,1」の目次

ディズニープラスで配信中のポール・マッカートニーのドキュメンタリー「マッカートニー 3,2,1」。

何度も見返したい内容なので、目次代わりにどのエピソードがどの順番に登場したかをメモしました。

できるだけシンプルに、詳細には触れないように書きましたが、当然ネタバレですので未見の方はご注意ください。




1 ディーズ・シングス・ブリング・ユー・トゥゲザー

ポール・マッカートニーが、当時の人間関係に改めて触れ、初期の頃について語る。*1

  • All My Loving
  • ピアノを弾く父親
  • ジョン・レノンとの言い合いで使った言葉
  • Michelle、エディット・ピアフ/Milord
  • ビーチ・ボーイズ
  • Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
  • With a Little Help from My Friends
  • ジミ・ヘンドリックス
  • ジョージ・ハリスンとの出会い、ヒッチハイク
  • While My Guitar Gently Weeps
  • エリック・クラプトン


2 ザ・ノート・ザット・ライク・イーチ・アザー

ポール・マッカートニーが、作曲に対する独自のアプローチについて語る。

  • 作曲法(ピアノを弾きながら)
  • ジェリー・リー・ルイス
  • Let it Be
  • バッハ
  • Eleanor Rigby
  • EMIの調整卓
  • バッハ/ブランデンブルグ協奏曲第2番、ピッコロトランペット、デイヴィッド・メイソン
  • ミセス・ミルズピアノ、Lady Madonna
  • Band on the Run、ラゴスでの出来事、フェラ・クティ@アフリカ・シュライン
  • Waterfalls
  • Blackbird映像


3 ザ・ピープル・ウィ・ラブド・ワー・ラビング・アス

ポール・マッカートニーが、ビートルズに影響を与えたアーティストたちに敬意を表する。

  • チャック・ベリー
  • Back in the U.S.S.R.
  • リトル・リチャード
  • エヴァリー・ブラザーズ、Baby's in Black
  • シングル曲はアルバムに入れない
  • And I Love Her
  • 曲をつくるには、曲をちゃんと終わらせること
  • ロイ・オービソン
  • キンクス
  • ジミ・ヘンドリックス
  • Lucy in the Sky with Diamonds
  • Dear Prudence
  • マハリシと瞑想


4 ライク・プロフェッサーズ・イン・ア・ラボラトリー

ポール・マッカートニーが音楽的な実験と限界を突破するビートルズの活力について語る。

  • サウンドメイキング
    • Nowhere Man
    • Maxwell's Silver Hammer
    • A Hard Day's Night
    • ジョージ・マーティンとの会話
    • Tomorrow Never Knows
  • リンゴ・スターについて
  • Another Girl
  • ピンク・フロイド
  • Live and Let Die
  • Check My Machine


5 クドント・ユー・プレイ・イット・ストレイター?

ポール・マッカートニーが、バンドにおける自分の居場所を見つけることや、その進化について語る。

  • Lovely Rita
  • ベースプレイヤーになった経緯
  • Something
  • Taxman
  • ジェームス・ジェマーソン
  • Come Together
  • ビートルズ解散
  • Junk
  • Maybe I'm Amazed
  • アルバム"McCartney"命名のきっかけ
  • ジョンはポールのベースプレイについてどう語っていたか


6 ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード

ポール・マッカートニーが、ジョン・レノンからソロ活動に至るまでの曲作りの進化を語る。

  • Yesterday
  • オーケストラとの仕事とケルトの伝統
  • ハンブルク時代
  • And Your Bird Can Sing
  • Here, There and Everywhere
  • ジョン・ケージ
  • A Day in the Life


関連メモ

*1:冒頭のキャプションはディズニープラスサイトからの引用。以下同様。


当ブログの関連メモ(Google選定)・広告


(広告)