庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

ポール・マッカートニーソロ初来日公演(3)オフの日、ポールの木

ポール・マッカートニーのソロ初来日公演30周年にちなんで当時を振り返るメモの第3弾。

今回は、ポールがオフの時何をして過ごしていたのかと、東京ドーム近くの小学校に植えた「ポールの木」などについてです。

(前回のメモはこちら)


オフの日

この1990年の来日の際、ポールはオフの日、何をしていたのでしょうか。

ビートルズ・シネ・クラブ(現ザ・ビートルズ・クラブ、以下「BCC」)会報誌1990年4月・5月合併号「ポール・マッカートニー日本公演全記録」からピックアップしてみます。BCCではポールのプライベートは取材しない方針でしたが、結果的に日本のマスコミに出てしまった行動などは記録に残っているので。

ポール動静
  • 3月4日・・・ポール、リンダ、ジェイムス君と、自らベンツを運転して明治神宮へ。
  • 3月6日・・・ポールとリンダは世田谷の馬事公苑で乗馬。
  • 3月8日・・・ポールとリンダ、富士山の車で裾野まで行く。都内のホテルに戻ってきたのは夜0時ごろ。
  • 3月9日・・・スタッフが植樹祭(後述)の準備をしている間、一人で抜け出して皇居を散策(ビートルズとして来日した時と同じ行動・・・)
  • 3月12日・・・リンダの結婚記念日を内輪だけでお祝い。ポールは、特注の鍵のかたちのネックレスをプレゼント(13日の公演でリンダが身に着けている写真あり)。
    • さらに、ホテルそばのお店で毛織のベストや藍染のネクタイを購入。
    • ポールはホテルにリンダのためのスペシャルルームをサプライズで用意し、12日午前0時にリンダをその部屋に案内。あふれるほどの花、部屋の真ん中には21本のろうそくがともったケーキ、リンダお気に入りの音楽。そして78年のボルドーワインとベジタリアンテンプラを食べたそうです。


さて、この「ホテルそばのお店」とは?前掲書に載っている写真によると、麻布十番の「BLUE&WHITE」のようです。

サイト「麻布十番未知案内」さんによると、このお店はオーナーで米国生まれのエイミー加藤さんが1975年に開店、2002年にブッシュ大統領が来日した時もローラ夫人(ファーストレディー)がここで買い物をしたとのこと。

一方ステラは・・・

ちなみにポールはBCCのインタビューで次のようにも語っています。

ポール:ステラは今試験勉強中なんだ。ホテルで一生懸命やってたみたいだよ。後に興味を持っててね、日本のデザインにもすごく興味があるみたいで、いろいろ見ていた。(リンダの方を見ながら)着物を買ったって言ってたね。

リンダ:そう、デザインとか雰囲気がとっても気に入ったみたいね。私も着物を買ったのよ。結婚式の時着る着物とかで(うちかけのこと)飾りとして買ったのよ。赤くて大きなもので、背中には羽を広げた鳥の縫物がしてあるのよ。とても気にいっているわ。

BCC前掲書から引用

ステラはこのとき18歳で、すでにファッションの仕事も始めている頃ですが、少なくとも私はそんなこともつゆ知らず、ステラはデザインに興味があるのかと思ったくらいで、その後こんな有名なファッションデザイナーになるとは知る由もなかったものです。

リンダが「羽を広げた鳥」の柄を選んだのは、やっぱりWingsを連想してしまいます。


ポール・マッカートニー meets スーパーマリオブラザーズ

あと、オフじゃないですけど、このときのツアーでは、スーパーマリオブラザーズやゼルダシリーズのゲームデザイナーで、現在任天堂の代表取締役フェローである宮本茂さんと、同じくマリオやゼルダの音楽を作った近藤浩治さんがポールからライブ・食事に招待され、サインを求められたというエピソードも有名ですね。

近藤さんは当時のことをこのように語っています。(2015年。相手はサカナクションの岩寺さん)

近藤:僕が一番ビックリしたのは、ポール・マッカートニーが日本に来たときに宮本(茂)がライブに招待されて、僕も連れていってくれたんです。で、宮本がポールに「スーパーマリオの音楽を作曲した近藤です」って僕を紹介してくれたときに、ポールが「タタッタッタタッタッ」って歌ってくれたんですよ(笑)。こんな人まで知ってくれてるんだって。それがやっぱり一番うれしかったし、こんなにも世界に広まってるんだって実感できた瞬間ですね。

岩寺:すげえ……。すごい話ですね。

近藤:こっちはずっと昔からポール・マッカートニーを聴いてたのに、向こうも僕の作った曲を知ってるっていうのがね。

Real Sound「任天堂・近藤浩治氏×サカナクション・岩寺基晴が語る、ゲーム音楽の歴史と未来」から引用

宮本茂さんもギターを弾く方ですし、「アビィ・ロード」が特にお好きだそうです(デヴィッド・シェフ「ゲーム・オーバー―任天堂帝国を築いた男たち」による)。


一方、ポールも、BCCによるインタビューでこのように話しています。

ジェイムスはニンテンドウのファンなんだ。日本に行くぞって言ったらいちばん喜んだのはジェイムスだったんだ。ジェイムスにとっては日本は天国らしいんだ。ニンテンドウの会社みたいなところにも連れて行ってもらえたしね。

ビートルズ・シネ・クラブ会報誌1990年4月・5月合併号「ポール・マッカートニー日本公演全記録」から引用


それにポールも「太陽はどこへ?」のPVでマリオな世界を展開していますね。(参考:Googleでの"ou est le soleil"動画検索結果


ポールからただ与えてもらうだけじゃなくて、日本からもポールや家族に影響を与える文化がこうして生まれ届いているというのが素晴らしいなと思ってます。なのでこの話、数あるポール来日エピソードの中でも特に心にずっと残っている次第です。


(広告)






「ポールの木」植樹

ポール初来日ではあったけど、その後の来日では行われていないイベントとして、「ポールの木」植樹祭があります。

ポールとリンダが東京ドーム近くの小学校にハナミズキの木を植えたのです。

これについても、BCC前掲書から、経緯と当日の様子を抜き出してみます。

f:id:yositeru:20200426173154j:plainf:id:yositeru:20200426183758j:plain
「ポールの木」とプレート(1999年、よしてる撮影)

経緯
  • ポールからBCCに「日本でも何か有意義なことがやりたいので提案してください」と依頼あり
  • BCCからいくつかのプランを提案、その中からポールが選んだのが「植樹祭」
    • 当初は代々木公園、マザー牧場、小学校が候補に挙げられていたが、ポール自身の考えで「東京ドームにもっとも近い小学校」に決まった

ポールから依頼があったのか。まあたしかにポールが希望しないとできないことではありますね。

植樹祭の様子
  • 3月9日15:00過ぎ、ポールがメンバー全員を引き連れてやってきた。
  • 極秘に準備が進められていたにもかかわらず、学校の周りにはファンがたくさん集まっていた(私もNHKのニュースでこの映像を見た覚えがあります。まさにルーフトップコンサートを彷彿とさせる映像でした。)。
  • ボールは小学校のブラスバンドが演奏する「バラが咲いた」のメロディーによって間のアーチを潜って式場へと進んだ。
  • ポールとリンダは、子どもたちの代表からそれぞれ千羽鶴の例をかけてもらう。ポールとリンダ、子どもたち一人一人とあいさつ。
  • 子ども代表からスピーチ。
  • ポールの挨拶「素晴らしいスピーチをありがとう。特に公害をなくし、地球の環境を守りたいと言う言葉はすばらしいと思います。私と妻のリンダはここにきて植樹ができることをとても幸せに感じています。チキュウヲマモロウ。どうもありがとう。」
  • 挨拶後「イエスタデイ」が流れる。
  • ポールとリンダ、植樹場所へ。まず清めの酒をかけた。
  • ポールとリンダはスコップで2回木に土をかける。その後は子どもたちも一緒に土をかけた。
  • 土をかけ終わるとポールはその木を握りしめ木に向かって「大きく育てよ。グッド・ラック。」と声をかけ、得意のガッツポーズを見せた。
  • この木はポールの木と名付けられた。
  • ダンス音楽が演奏され、ポールとリンダは子供たちに手を引かれるようにダンスの間の中に入った。
  • 続いて子供たち全員が「気球に乗って」を合唱。
  • その後花笠音頭を鑑賞。ボールはちょっとカルチャーショックを受けたような何とも言えない表情をしていたが、踊りが終わるとポールは黄色の花傘を、リンダは赤の花が咲をそれぞれプレゼントされ、リンダとともにそれを頭に乗せではしゃいでみせた。
  • ポールの挨拶「Thank you very much, children. 今日ここに来て植樹ができたことを大変うれしく思っています。皆さんが歌ったり踊ったりして歓迎してくれたことにもとても感謝しています。そして私たちの地球から公害がなくなるように、私たちの地球がこれ以上汚れないように、力を貸してください。皆さんが大人になっても地球がきれいなままであるようにがんばりましょう。子どもたちの未来に美しい空と、木々の緑ときれいな水があることを祈っています。ドウモアリガトウ。サヨナラ。」

こういうイベント、他の国でもやってるんでしょうか。今思い返しても、かなり特別なはからい、という気がするのですが(そういえばポールは、2013年に福島で被災した生徒たちを招待したこともありましたね。)。

このとき10歳だった小学生も、今もう40歳か・・・このときのポールとの思い出、今どうなっているのかな。

「ポールの木」のその後

このポールの木、今はどうなっているのでしょうか。

実はこの植樹の9年後、1999年にこの小学校に行き、ポールの木を見せてもらったことがあります。小学校の方の許可をいただき、校庭と「ポールの木」を撮影させていただいたのです。

そのときの様子をこちらに書いています。


その後はどうなのか?

検索してみると、2013年11月19日、ポールの東京ドームライブの日に小学校に寄って「ポールの木」を撮影されたikasan1979さんの動画がヒットしましたのでご紹介させていただきます。


今もきっと、この「ポールの木」は元気に枝を伸ばし、そろそろ花をつけはじめている頃でしょう。



(その他、当時の雑誌記事の内容等については、次のメモで整理する予定です。)


1990年 ポール来日関連メモを最初から読む



関連メモ(ポール・マッカートニー全般)


当ブログの関連メモ(Google選定)・広告


(広告)