庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

グッドフェローズ

グッドフェローズ [DVD]

[物語]
一人の少年がギャングにあこがれ、その世界に入り、家庭をつくりながらギャングとして成功していくが、先輩の助言を無視して麻薬ビジネスに手を出したことから・・・実話ベース。

[感想]
実話ベースだけあって、「ゴッドファーザー」みたいなわかりやすい悲劇性もなければ、歯切れのよいオチもありません。ただ一方で、やはりドキュメンタリーのようなリアルさを感じました。主人公の脇を固めるロバート・デ・ニーロジョー・ペシの演技(特にジョー・ペシの怖さ)がそれをがっちり支えていました。だから実際のマフィアの歴史を記録したドキュメンタリーのようにも観ることができた感じです。

それぞれの時代を象徴するポップスやロックの名曲がふんだんに使われているのも、音楽ファンにはうれしい演出でした。でも残念なことに、時代がずれていることがありました。例えば、1980年のシーンでジョージ・ハリスンの「美しき人生」(What is Life)が登場するのはちょっと(1971年発表の作品です)。そこがちょっともったいない。


(広告)


このブログ内の関連メモ(Google選定)