庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

山本文緒「ファースト・プライオリティ」

ファースト・プライオリティー (角川文庫)


31通りの「ファースト・プライオリティ」を抱えた31歳の主人公が登場する短編集。以前同じ著者の「プラナリア」を読んで楽しめたので手にとってみました。「旅行」「初恋」「薬」などのファースト・プライオリティをもつ主人公たちは、客観的に見ると別世界の人のようなのに、読んでいるとなぜか親近感・現実感が得られました。独特のリアリティ。私が女性だったらもっとそれを強く感じたような気がします。


(広告)


このブログ内の関連メモ(Google選定)