庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」(京セラドーム大阪)


実は行く前自分の中で盛り上がってなくて行くのを迷ってました。でも行ってよかった!

アルバム「LEVEL3」の曲は、イビサ島のイベントなどでよくかかっているリズムに近いものが感じられますが、こういう音楽は大音量で踊るのが一番ですね。行く前の盛り上がらなさはこれで吹き飛びました。そのあたりのサウンドの統一性を重視したせいか、以前の曲の割合がかなり減っていてあの曲もこの曲も聴けなかったのはちょっと残念でしたが(なので「ワンルーム・ディスコ」をやってくれた喜びはひとしお)。

ただ、Perfumeは音楽もいいけどそれだけじゃない。

まず、入場して目に入ったステージセットの大がかりな仕掛けに目を奪われ、「あの場所にはどうやって行くのかな」「ここからどんな仕掛けが出てくるのか」と期待させ、ショウが進行するにつれだんだんとそれがわかってくる仕掛けが楽しい。普段行っているコンサートにはこういう仕掛けがないので個人的に免疫がないこともあり、それだけでわくわくしました。これまでの大阪城ホールのセットもクールだったけど、今回はそれこそ次のレベルに進んだって感じ。

さらに、ドームのアリーナ最後ブロックや左右スタンドの客にも本人たちが近づける仕掛けがあったのはさすがアイドル。何にしてもPerfume側の気遣いが感じられるのがうれしい。

何よりも、彼女たちの姿勢。海外のステージを成功させて帰ってきても、三人は変わらず謙虚なままで、そして自分たちのステージを最高のものにしようというプロ意識も変わらない。そして彼女たちが触媒となってステージ、音楽、客席に化学反応を起こさせ、輝かせる。これがPerfumeの一番すごいところだといつも思います。書いていることが前回のツアーの時とあまり変わらないのですが、その規模とエネルギーはまさに「次のレベル」に進んでいました。次のツアーはどこまでいくんだろう。



広告