庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

クライマーズ・ハイ(ドラマ版)

クライマーズ・ハイ [DVD]

1985年の日航機墜落事故を取材する地方新聞記者の話、ということしか知らずに観たのですが、いやとんでもない。これほどまでに濃い内容だとは思っていなかったので、非常に驚きました。

組織と個人、仕事へのプライド、父と子、友人との約束、部下の死との向き合い方、マスコミの扱う「命」・・・よくこれだけの内容を、ドラマ2回分に凝縮したものだと本当に感心しました。でも、つめこみ感はまったくなかった。ディスク1枚(1回分。全2回)観終わって、「まだディスク1枚?」と「もうディスク1枚?」という感覚が同時にわきあがってきたのは初めてかも。

物語も、エンターテインメントならここはこうなるだろう、というようなところも「重い現実」のほうを選択している、でも「おもしろい」。深みのあるおもしろさ。これは、人生経験をどれだけ積んでいるかで印象がけっこう変わる深みをもったドラマなんだろうなあ。

日航の名前をそのまま出しているところや、当時の本物のニュース映像を使いまくっているところはさすがNHKですね。NHKがつくったメリットが全面に出ている感じ。

原作も映画版も知らないのですが、少なくとも、ドラマの傑作とはいえるのではないでしょうか。



広告