庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

「世界のニコン」はいつから?シェアは?-ピューリッツァー賞作品から

ピューリッツァー賞とは

長男が、こんな本を借りてきました。

ピュリツァー賞 受賞写真 全記録 第2版


ピューリッツァー賞。「ジャーナリストの質の向上」を目的としたアメリカの賞で、特に報道写真の世界では、世界で最も権威ある存在ではないでしょうか。


特に有名なのは、まずこちらですね。1945年の受賞作です。

Raising the Flag on Iwo Jima, larger - edit1.jpg
ジョー・ローゼンタール「硫黄島の星条旗」 Raising the Flag on Iwo Jima,パブリック・ドメイン


他には、1994年の「ハゲワシと少女」があります。飢えた少女を狙うハゲワシのショッキングな写真です。

この写真に賞が与えられたことで、南アフリカの現状が改めて世界に伝えられたこととともに、カメラマンに非難が殺到し彼が自殺してしまう(カメラマンは少女が無事だったのを見届けていたのですが)ことでも話題になりました。 参考:第3回 ピュリツァー賞が与えた影響 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト


日本人も受賞しています。

山口二矢(おとや)供述調書―社会党委員長浅沼稲次郎刺殺事件
社会党書記長の浅沼稲次郎刺殺事件の瞬間。毎日新聞のカメラマン長尾靖氏が1962年に受賞。


ライカでグッドバイ: カメラマン沢田教一が撃たれた日 (ちくま文庫)
沢田教一氏がとらえたベトナム戦争。1966年受賞。


他、酒井淑夫氏がベトナム戦争での兵士の休息を撮影し、1968年に受賞しています。



本書には、これ以外にも、その時代を切り取った決定的瞬間がページをめくるたびに目の前に広がります。

写真という表現がもつすさまじい威力と、この70年の世界の激動ぶりを伝えてくれる見事な写真集でした。


「世界のニコン」とピューリッツァー賞

ところで、この本を観ていて、もうひとつ驚いたことがあります。

ある時期から、受賞作品を撮影したカメラがニコン製のオンパレードなのです。

最初は1964年受賞の「全世界に生中継されたオズワルド殺害」(ロバート・ジャクソン)。ケネディ大統領暗殺犯人だと言われているオズワルド、その彼が殺害された瞬間をとらえた、これも非常に有名な写真です。

その後、ニコンがピューリッツァー賞を席巻していきます。

F アイレベル
カメラについて無知な私でも知っている名機「ニコンF」。1959年発売。 参考:Nikon | 歴史 | One Minute Story Fのデザイン秘話(1959)


しかし、2000年代に入ると変化も生じます。

その変遷を以下の表にまとめてみました。


ピューリッツァー賞受賞作品・カメラメーカー一覧

部門 カメラメーカー 受賞作品名、受賞者
1942 グラフレックス デトロイトの労働争議 ミルトン・ブルックス
1943 グラフレックス 水を! フランク・ノエル
1944 グラフレックス タラワ フランク・ファイラン
1944 グラフレックス 英雄の帰還 アール・バンカー
1945 グラフレックス 硫黄島の星条旗 ジョー・ローゼンタール
1946 (受賞なし)
1947 グラフレックス ワインコフ・ホテルの火災 アーノルド・ハーディー
1948 グラフレックス 銃を持った少年と人質 フランク・クッシング
1949 グラフレックス ベーブ・ルースの最後のあいさつ ナサニエル・ファイン
1950 グラフレックス 危機一髪 ビル・クラウチ
1951 グラフレックス 大同江の橋 マックス・デスフォー
1952 改造カメラ タックルされるジョニー・ブライト ドン・アルタング ジョン・ロビンソン
1953 グラフレックス アドレーの靴 ウィリアム・ギャラガー
1954 コダック トラック運転手の救出 バージニア・ショー
1955 ローライ 波にさらわれた子供 ジョン・ゴーント
1956 各種 バーバラ通りの奇跡 ニューヨーク・デイリーニューズ紙スタッフ
1957 グラフレックス アンドレア・ドリア号の最期 ハリー・トラスク
1958 グラフレックス チャイナタウンの男の子と警察官 ウィリアム・ビール
1959 ローライ 小さな赤いワゴンと死 ウィリアム・シーマン
1960 ローライ 城での処刑 アンドルー・ロペス
1961 グラフレックス 舞台上での暗殺 長尾靖
1962 ハッセルブラッド 孤独な2人 ポール・バシス
1963 ライカ 革命と罪の赦し ヘクター・ロンドン
1964 ニコン 全世界に生中継されたオズワルド殺害 ロバート・ジャクソン
1965 ライカ ベ トナム写真報道 ホースト・ファース
1966 ニコン 爆撃からの逃走 沢田教一*1
1967 ニコン 国道51号線で撃たれたメレディス ジャック・ソーネル
1968 速報 ライカ 命のキス ロッコ・モラビト
1968 特集 ニコン 静かな雨、静かな時 酒井淑夫
1969 速報 ニコン サイゴンでの処刑 エドワード・アダムズ
1969 特集 ニコン 尊厳の肖像 モネタ・スリート
1970 速報 ニコン キャンパスの銃 スティーブ・スター AP通信
1970 特集 ニコン、ライカ 季節労働者の移動 ダラス・キニー
1971 速報 ニコン キャンパスでの死 ジョン・ファイロ
1971 特集 ニコン、ライカ 人間倉庫 ジャック・ダイキンガ
1972 速報 ライカ 競馬場での復讐 ホースト・ファース ミシェル・ローラン
1972 特集 ニコン 戦争の傷痕 デービッド・ヒューム・ケナリー
1973 速報 ライカ ナパーム弾から逃げる少女 ニック・ウット
1973 特集 ニコン 出産 ブライアン・ランカー
1974 速報 ニコン ハリウッドの現実 アンソニー・ロバーツ
1974 特集 ニコン 英雄の帰国 サル・ビーダー
1975 速報 ニコン 鎮火 ジェラルド・ゲイ
1975 特集 ニコン ワシントンの顔 マシュー・ルイス
1976 速報 ニコン 非常用バルコニーの崩落 スタンリー・フォアマン
1976 特集 ニコン、ライカ 人種統合教育 ルイビル・クーリエ=ジャーナル・アンド・タイムズ紙写真部
1977 速報 ニコン バンコク路上の暴力 ニール・ウールビッチ
1977 速報 ニコン 市庁舎前広場の旗 スタンリー・フォアマン
1977 特集 ニコン 群衆のなかの顔 ロビン・フッド
1978 速報 ペンタックス スポットライトのなかで ジョン・ブレア
1978 特集 ライカ ローデシアの奥地 J・ロス・ボーマン
1979 速報 フジカ 小さな町の恐怖 トーマス・J・ケリー3世
1979 特集 ニコン 雪に閉ざされたボストン ボストン・ヘラルド・アメリカン紙写真部
1980 速報 記載なし・不明 ホメイニからのメッセージ 匿名 (ジャハンギル・ラズミ)
1980 特集 記載なし・不明 峠のわが家 アーウィン・ハグラー
1981 速報 ニコン 浜辺での処刑 ラリー・プライス
1981 特集 ニコン ジャクソン刑務所での生活 タロウ・ヤマサキ
1982 速報 グラフレックス レーガン大統領暗殺未遂事件 ロン・エドモンズ
1982 特集 ニコン ある男のシカゴ ジョン・ホワイト
1983 速報 ニコン サブラ難民キャンプでの虐殺 ビル・フォーリー
1983 特集 ニコン エルサルバドル、殺戮の地 ジェームズ・B・ディックマン
1984 速報 ニコン 戦争と子供たち スタン・グロスフェルド
1984 特集 ニコン 追憶 アンソニー・スオウ
1985 速報 ニコン ロサンゼルス・オリンピック サンタアナ・レジスター紙写真部
1985 特集 ニコン 飢饉 スタン・グロスフェルド
1986 特集 ニコン 反政府勢力への取材 ラリー・ブライス
1986 速報 ニコン コロンビアの火山災害 キャロル・グージー ミシェル・ドゥシール
1986 特集 ニコン 冬のホームレス トム・グラリッシュ
1987 速報 ニコン フィリピンの独裁者の失脚 キム・コメニッチ
1987 特集 キヤノン 危機に瀕する農家 デービッド・ピーターソン
1988 速報 ニコン ジェシカちゃん救出 スコット・ショー
1988 特集 ニコン 墓場 ミシェル・ドゥシール
1989 速報 ミノルタ 早過ぎる死 ロン・オルシュワンガー
1989 特集 キヤノン 学校生活 マニー・クリソストモ
1990 速報 ニコン、キヤノン 地震 オークランド・トリビューン紙スタッフ
1990 特集 ニコン 写真で見る激動の世界 デービッド・ターンリー
1991 速報 ニコン 南アフリカの抗争 グレッグ・マリノビッチ
1991 特集 ニコン 不治の病に苦しむルーマニアの子供たち ウィリアム・スナイダー
1992 速報 ニコン、ライカ ソ連の死 AP通信スタッフ
1992 特集 ニコン 21歳 ジョン・カブラン
1993 速報 キヤノン .バルセロナ・オリンピック ウィリアム・スナイダー ケン・ガイガー
1993 特集 ニコン、コダック(初のデジタル撮影作品) クリントンの大統領選 AP通信スタッフ
1994 速報 ニコン モガディシオにおけるアメリカ兵の死 ポール・ワトソン
1994 特集 ニコン ハゲワシと少女 ケヴィン・カーター
1995 速報 ニコン ハイチの新政権樹立 キャロル・グージー
1995 特集 ニコン、ライカ ルワンダの死の村 AP通信スタッフ
1996 速報 ニコン 連邦政府ビル爆破事件の犠牲者 チャールズ・ポーター4世
1996 特集 ニコン ケニアの通過儀礼 ステファニー・ウェルシュ
1997 速報 ニコン 救出 アニー・ウェルズ
1997 特集 ニコン 踊るロシアの熊 アレクサンダー・ゼムリアニチェンコ
1998 速報 記載なし・不明 涙の旅路 マーサ・ライアル
1998 特集 ニコン 麻薬中毒が生みだす孤児たち クラレンス・ウィリアムズ
1999 速報 ニコン アメリカ大使館へのテロ攻撃 AP通信スタッフ
1999 特集 ニコン、コダック クリントン大統領のスキャンダル AP通信スタッフ
2000 速報 キヤノン コロンバイン高校銃乱射事件 ロッキー・マウンテン・ニューズ紙写真部スタッフ
2000 特集 ニコン コソボ難民 キャロル・グージーマイケル・ウィリアムソン ルシアン・パーキン
2001 速報 ニコン エリアン君強制確保 アラン・ディアス
2001 特集 ニコン 火事の後 マット・レイニー
2002 速報 ニコン 世界貿易センターへのテロ攻撃 ニューヨーク・タイムズ紙スタッフ
2002 特集 ニコン 世界貿易センターへのテロ攻撃 ニューヨーク・タイムズ紙スタッフ
2003 速報 キヤノン コロラドの山火事 ロッキー・マウンテン・ニューズ紙写真部スタッフ
2003 特集 キヤノン エンリケの旅ド ン・バートレッティ
2004 速報 キヤノン イラク戦争 シェリル・ディアス・マイヤーデービッド・リーソン
2004 特集 キヤノン 包囲されたモンロビア キャロリン・コール
2005 速報 キヤノン イラク再び AP通信スタッフ
2005 特集 キヤノン(2011年現在、最後のフィルム撮影受賞作) ライオン・ハート作戦 ディアン・フィッツモーリス
2006 速報 記載なし・不明 ハリケーン・カトリーナ ダラス・モーニング・ニュース紙写真部スタッフ
2006 特集 キヤノン 最後の敬礼 トッド・ハイスラー
2007 速報 キヤノン たった独りの闘い オデッド・バリルティ.
2007 特集 各種 ある母親の旅 レネー・C・バイヤー
2008 速報 キヤノン 日本人ジャーナリストの死 アドリース・ラティーフ
2008 特集 ニコン 私を覚えていて プレストン・ガナウェイ
2009 速報 キヤノン 絶望の底のハイチ パトリック・ファレル
2009 特集 キヤノン バラク・オバマの大統領選 デーモン・ウィンター
2010 速報 キヤノン 命の手 メアリーシンド
2010 特集 ニコン 10代の新兵クレイグ・F・ウォーカー
2011 速報 ニコン ハイチの地震災害 キャロル・グージー ニッキ・カーン リッキー・カリオティ
2011 特集 キヤノン 銃火に巻き込まれて バーバラ・デービッドソン
(1968年以降は、「特集写真部門」と「ニュース速報部門」(この表では「速報」と記載)の二部門制になっています。)


60年代前半まではグラフレックス(スピード・グラフィックというカメラだそうです)が主流ですが、その後はほぼニコンの独壇場ですね。

A Well-Used & Patched-Up Vintage Century Graphic Camera by Graflex, Introduced In 1949, Measures Approximately 5.75 Inches Wide, 6.75 Inches High & 3.25 Inches Deep, Made In USA (9108905498)
グラフレックス・スピード・グラフィック 1949年版(クリエイティブ・コモンズ)


Nikon F of Bunyo Ishikawa WAR REMNANTS MUSEUM Bao Tang Chung Tich Chien Tranh 戦争証跡博物館(ホーチミン) DSCF9947
戦争証跡博物館(ホーチミン)石川文洋氏がベトナム戦争を記録するのに使用したNikon F Photomic FTn 松岡明芳氏撮影(クリエイティブ・コモンズ)



ニコンの公式ページによれば、ニコンが世界に評価され始めたのは、ニッコールレンズのシャープさと、過酷な環境でも使えること。

朝鮮戦争の報道で「厳寒の朝鮮半島北部での撮影。他のすべてのカメラが凍りついて作動しなかったときにも、ニコンだけが確実に動き、苛烈な戦争の様相を記録し続け、「ライフ」誌面を飾った。」ことだったとのことです。 参考:Nikon | 歴史 | One Minute Story 世界が認めたメイド・イン・ジャパン(1950)



が、それにしてもニコンは圧倒的ですね。

そして2003年からはキヤノンが主流に。このころ、何があったんだろう?ニコンFみたいな名機がデジタルで登場したのでしょうか。


ピューリッツァー賞作品でのニコンのシェア

本書(初版)に収録されたピューリッツァー賞第1回~2011年受賞分までのカメラメーカーのシェアをまとめます。

f:id:yositeru:20200704163844j:plain
(ニコン63、キヤノン20、グラフレックス15、ライカ13、その他・不明20)

なんと、ピューリッツァー賞受賞作品の半分がニコンのカメラで撮影されていたのですね。


ニコンは、報道写真の最高峰ピューリッツァー賞においては1960年代後半から世界的な存在になり、シェアは約50%にまで到達。70~90年代に限ればもっと上ですね。

よく言われる「日本のものづくり」の輝かしい実績のひとつであることは間違いないでしょう。世界最大の戦艦大和は沈んでも、その測距儀の技術はニコンに継承され再び世界一となったことが、改めて数値の上でも証明されたように思います。 参考:戦艦大和の光学兵器はニコン製だった。創立100周年、苦闘の歴史を振り返る | ハフポスト


報道写真カメラの今後

今後はどうなっていくのでしょうか。

こちらの記事によると、2018年の報道写真においてもニコンがトップ、キヤノンが猛追、という状況のようです。(英語の記事ですが、主な内容はグラフで示されています) Nikon dominates World Press Photo 2018 camera breakdown: Digital Photography Review

カメラが趣味というわけではない私が言うのもなんですが、これからも日本のメーカーの存在感が続くとうれしい。

父がずっとニコンFを愛用していたこと、今もあのピラミッドのようなシャープなボディを見るたび、子どものころ家族写真を撮るため重いボディを父から渡されおそるおそるかまえたことを思い出しながら、そう感じています。


ピュリツァー賞 受賞写真 全記録 第2版

関連メモ

戦後の事件を羅列した歌詞を写真つきでご紹介。結果的に目をひく報道写真がいくつか含まれています。


戦後、同じく日本で発展したまんが産業。なぜ日本でだけそうなったのかのまとめ。


読んで興味深かった本のメモへのリンク集です。

*1:沢田教一自身はニコンを含めた日本製カメラを評価しておらず、ライカを愛用していたそうですが、ピューリッツァー賞を受賞した作品はニコンで撮影されたものだそうです。


当ブログの関連メモ(Google選定)・広告


(広告)