庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

2000-06-25から1日間の記事一覧

小熊英二「<日本人>の境界」

明治時代から1960年代に至るまで、「日本人」の定義がどのように変遷していったかを膨大な資料とその分析により明らかにしていく大著。小熊英二を知ったのは、村上龍が自身のメールマガジンでこの作品と前作「単一民族神話の起源」を激賞したとき。どんなも…


当ブログの関連メモ(Google選定)・広告


(広告)