庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

ライブと関連ユニットの影響 - 2016年6月再生回数上位曲


  1. Perfume / Cling Cling (Album-mix)
  2. Perfume / Next Stage with YOU
  3. 坂本龍一 / Castalia (2012_12_04 Fukuoka)
  4. Adele / Skyfall

(以下同順位)

  • Bach, J.S. / 6 Little Preludes, BWV 933 Praeludium in C Major(グレン・グールド)
  • THE BLUE HEARTS / 情熱の薔薇
  • Paul McCartney / Don't Get Around Much Anymore
  • Paul McCartney / You Gave Me The Answer
  • Perfume / STORY
  • Perfume / FLASH (Album-mix)
  • Perfume / Sweet Refrain (Album-mix)
  • Stevie Wonder / Superstition
  • Yellow Magic Orchestra / Behind The Mask
  • 坂本龍一 / Lost Theme


今回のPerfumeの曲の上位入りはやはりライブの影響ですね。どの曲が選ばれたかはネタバレ禁止(本人たちからもアナウンスあり)なので書けませんが・・・って書いてるのと同じですね・・・

あと、ライブと同じくらい影響を受けたのはCAPSULE。今のところの最新アルバム"CAPS LOCK"がけっこうお気に入りなのですが、これが個人的にはすごく宇宙を連想させるサウンド(曲タイトルは全部PCのキーの名前ですが)。で、Perfumeの今回のアルバム&ツアー名が"COSMIC EXPLORER"で、サウンドもそれっぽくしかもサウンド面でも似ているんですよね(Sweet Refrainは特に)。だから再生回数が増えたというのもあるとは思います。



3.はピアノソロバージョン。オリジナルももちろん好きですしオーケストラバージョンを初めて聴いたときもしびれましたが、ピアノソロはまた別の繊細かつソリッドな味わいが素晴らしいです。



Stevie Wonder / Superstitionは、テクノ系の音楽を聴きまくった後にのどの渇きをいやすような感じで浴びるように聴くことがあります。人間がPCでコントロールした音楽も大好きですが、この人間のフィジカルグルーヴの塊みたいな音楽は自分にとっては生きていくのに必要な栄養素のような存在です。


関連メモ



広告