庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

2016年3月再生回数上位曲

  1. 小林旭 / 熱き心に
  2. Bach, J.S. / 平均律クラヴィーア曲集第2巻第1番(グレン・グールド)
  3. BOΦWY / B・BLUE
  4. The George Martin Orchestra / Love In The Open Air
  5. フリッパーズ・ギター / 奇妙なロリポップ
  6. 細野晴臣 / 蝶々-San


1.は、先日NHKで放送された大滝詠一さんの番組を観て。この曲は一瞬かかっただけなんですが改めて聴きたくなり何度も聴きました。大滝詠一さんの曲を小林旭さんが唄うという化学反応、私にとってはリリース当時も今も新鮮なままです。


2.は、もともと大好きな曲なんですが、百田尚樹さんの「至高の音楽 (PHP新書)」で「完璧な音楽」と書かれてあったのに触発されて。個人的に百田さんのお考えや行動には賛同しかねるところが多いのですが、この本に書かれた音楽への想いや感じ方には共感するところがかなり多かったですし、作曲家や作品のエピソードもたとえ既知の内容でもおもしろく読めました。そのあたりはさすが作家さんだなと感心。

ところでこの曲のこの演奏は、人類を代表する音楽の一つとして、ボイジャー宇宙探査機のゴールデンレコードに収録されているのですよね。「至高の音楽」にもそのことが書かれてありました。ちなみにそのレコードにはChuck Berry / Johnny B. Goodeや日本の尺八の曲なども入っています。


4.は訃報を聞いた日に何度も聴きました。なぜこの曲を選んだのかは自分でもわかりません。泣くわけでも動揺するわけでもなく、ただ何もない大きな空間が目の前に現れ、しばらくそのままだったような感覚でした。



広告