庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

2011年7月 再生回数上位曲

COMPLETE THE CHECKERS ~ALL SINGLES COLLECTION

  1. チェッカーズ / あの娘とスキャンダル
  2. Bach, J.S. / ゴルトベルク変奏曲第3変奏(Freddy Kempf)
  3. The Beatles / Long Tall Sally (mono)
  4. Paul McCartney / Getting Closer
  5. 坂本龍一 / +33 (live_2009_3_28)
  6. Bach, J.S. / ゴルトベルク変奏曲第1変奏(Freddy Kempf)
  7. Bach, J.S. / ゴルトベルク変奏曲第3変奏(Glenn Gould 1981)
  8. The Beatles / Your Mother Should Know
  9. The Beatles / I Call Your Name (mono)
  10. Queen / Seaside Rendezvous

1.が1位になったのには理由があります。とある金曜に大分に出張したとき、せっかくなので土曜に別府地獄巡りをして帰ることにしたのですが、そこに行くのは中学3年の修学旅行以来。で、当時はやってた歌を聴きながら当時を懐かしもうということで聴きまくっているうちにこうなった、というわけです。他にも中森明菜「赤い鳥逃げた」やC-C-B「スクールガール」もはやってたんですがiPhoneに入っているのはこれだけだったという次第です。

2.と6.は、2月のライヴで気に入ったフレディ・ケンプのゴルトベルク。当時はCDがリリースされてなかったのですがBBC Music Magazine8月号に付録としてついていることがわかり、即購入したというわけです。しかし毎月毎月この曲ばっかり(主にグールドのを)聴いてるなあ・・・

8.は、最近「マジカル・ミステリー・ツアー」の映画がお気に入りの長男(4歳)に触発されて。ビートルズを聴き始めてしばらくしてこのアルバムに行き着いたとき、理由はわかりませんが私はこの曲をもって「ポールを追いかけよう。ソロも全部聴きたい。聴く。」という気持ちになりました。

10.は、8.を筆頭にしたポールのヴォードヴィル風歌曲作曲センスに追いつき追い越している(かな?)希有な例かと感じています。



広告