庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

apple iPhone 3GS 32GB購入


必要性は使ってみて初めてわかる

ジャレド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄」には、「発明は必要の母である」という章があります。え、逆じゃないの?必要があるから発明されるんじゃないの?私もそう思いました。しかし、そうではない例もあることが、その章で明らかにされています。

例えば蓄音機。エジソンがこの機械を発明したとき、彼の想定した用途は「遺言の録音」などで、音楽の録音再生は入っていませんでした。逆にジュークボックスが登場したときなど、自分の発明の品位を汚すものとして不快感を表明したほどです。エジソンは、いつでも好きなときにバッハのイギリス組曲を聴くことができればどんなにいいだろう、と思って蓄音機を発明したわけではなかったのです。

その話がiPhoneとどう関係があるのでしょう。それはこういうことです。iPhoneを初めて数時間使ってみて、これは「携帯電話がこうであればいいのに」という「必要」から生み出されたものではなく、実際に使ってみて初めて「これなしでは毎日がつまらなくなる」と思わせるものであると感じたのです。典型的な「発明は必要の母である」タイプの製品ではないかと。

アップルの(というかスティーブ・ジョブズの)創り出す製品は、えてしてそのタイプのものが多いように思います。iPodもそう。当初は、ウォークマンとどう違うねん、くらいにしか思っていなかったのですが、実際に5,000曲を持ち歩いてみると、それがどんなに楽しく便利なことかわかるし、毎日持ち歩く「必要」を使ってみて初めて感じます。(7月26日追記:では毎日がどう変わったのか?→iPhone 3GSを1ヶ月間使ってみて

さて、そんな不思議な製品を手にしようと思った経緯は?少し長いですが以下にメモしておきます。



5月までは

iPhoneって面白そうだけど、16GBじゃ話にならないし(持っているiPodは第4世代白黒20GBで、容量不足を感じている)、通信料が余計にかかるのもいやだなあ。iPod touch 64GBの登場を待つか。



6月9日、iPhone 3G S発表

なんだ、touchの64GBは出ないのか。がっかり。もう待ちくたびれたなあ。今度のiPhoneってよさそうだけど、どうなんだろう。

32GBだったら手持ちのHDにある音楽と写真とムービーを全部入れたら足りないけど(計50GBくらい)、今やってるように全部じゃなくてより抜きを同期させるようにすれば足りるかも。写真だって、あるもの全部見るのは実際問題としてきりがないだろうし。

問題は通信料だけど・・・割引を使えば、機器代金はtouchよりかなり安く抑えられるんだなあ。iPhone 3G S 32GB+月月割で支払合計金額が23,040円か。iPod touch 32GBが47,800円だから、47,800円−23,040円=24,760円安く買えるわけだ。・・・(a)

一方で、ソフトバンクに毎月支払うのがホワイトプラン980円+S!ベーシックパック315円+パケットし放題上限4,410円。このうち、パケット上限4,410円は今持っているドコモのパケ・ホーダイダブルと同額なので、ドコモでパケットを使わなければ今までと同じになる。だから新たにかかる費用は980円+315円=1,295円と考えていいかな。・・・(b)

(a)で(b)を2年間補填すると考えると、(a)24,760円÷24ヶ月=1,031円・・・(c) (b)−(c)=264円。2年間はiPhoneを使う方が264円高いという計算になる(2年を過ぎると1,295円高くなる)。

でもiPod touch買っても、どうせWiFiのサービスに入る。比較的安上がりのWIRELESS GATEヨドバシプランでも月380円。となると、プラス264円でWiFiスポットにいなくても通信できるiPhoneのほうが費用対効果は圧倒的に上。よし決めた、iPhone 3G S買おう。



買うと決めてから

待ち遠しくなって、保護フィルムやケースを先に買ったり、とりあえず無料のアプリをダウンロードしたりして待つ。



予約

予約開始日の夜20時にヨドバシ梅田で予約するも、混雑を避けるため、この日は仮予約で、もう一度本予約に来て、そして発売当日も来なければいけないとのこと。そして本予約も機器受取りも日時を指定しなければならず、その時点では受け取りが発売日の17時より後は全部埋まっていた。ということは当日会社を早退する必要がある。

ちょっと困ったなと思い、仮予約はそのままに、翌日別の梅田のソフトバンクショップに行ってみる。でもここでは、1ヶ月半だけとはいえWホワイトプランと基本オプションパックに入る必要があるとのこと(計約2,000円)。それを断ると謎の頭金10,500円がかかる。納得いかないのでこの店で買うのはやめた。

ヨドバシに確認してみると、同じくWホワイトプランと基本オプションパックに入る必要があると言われ、これも納得はいかなかったものの(結局、受取り時はWホワイトは入らなくていいことになり、基本オプションパックは2ヶ月間無料なので解約もご自由に、ということになりました)、1日で辞めてもいいとのことだったので、仕方なく了解。まあ謎の頭金も持ち出してこなかったし、それにヨドバシなら機器代金を一括で払ったらポイントつくし(約7,000円分)。


受取り

ヨドバシ梅田での受取りは実にスムーズ。指定された時間の5分前に行くと、担当の方がアクティベーションまで含めた手続きを滞りなくやってくれました。

あ・・・ありのまま、今、起こった事を話すぜ!「おれはiPod touch 64GBのリリースを待とうと思っていたらいつのまにかiPhone 3GSを買っていた」な・・・何を言ってるのかわからねーと思うが おれも何をされたのかわからなかった・・・


本日、入手して4時間←今ココ

なんちゅうもんを作ってくれたんや・・・なんちゅうもんを・・・これに比べたら山岡さんのはカスや。


iPhone使って1日、超初心者のホーム画面です。今はこれで大満足ですが、後で見返したら恥ずかしく思うのかな・・・

ちなみに、携帯を買って最初にやる辞書チェック「ぽーる」では「ポール」のみ、「まっかー」では「マッカーサー」が、「まっかーと」で「マッカートニー」がやっと出てきました。まあ、一応「マッカートニー」は入ってるってことで自分認定OKです。


今後

外出中に本を読む機会が減りそうな気がします。いや、本当に面白い本だったらiPhoneがあろうと読むだろうし、iPhone青空文庫を読むという手もあるし。ただ、iPhoneは、遠藤雅伸さんの「コンテンツはコミュニケーションに勝てないんじゃないか」(参照:4Gamer.netのこの記事のページ終わり際)という説の妥当性をさらに増すような気はしますね。


(広告)


このブログ内の関連メモ(Google選定)