庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

2008年の収穫

音楽に関して今年一番の収穫といえば、迷うことなく「『フランスの音楽』をフランス人知人に紹介してもらって、その返礼に『日本の音楽』コンピレーションをつくることになって、たくさんのみなさんからそのためのヒント、アイディアをいただいた」ことです。これで個人的な「音楽の世界」がぐっと広がりました。ありがとうございました。


ベートーヴェン/交響曲第6番「田園」 カルロス・クライバー指揮 バイエルン国立管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
聴いて一番びっくりした音楽はこれ。こんな迫力があって生き生きとした「田園」があったんですね。


Perfume / GAME
GAME
今年出た音楽で一番繰り返し聴いたのはこれと↓でした。楽曲の完成度、高いと思うんですけどね。ママママカロニ。


The Fireman / Electric Arguments
ELectric Arguments[日本語解説付き国内盤]
ポールってほんと意外なタイミングでいいアルバムを出してくれます。力が抜けていて、でも新境地も開拓。いい感じです。


ちなみに今年8月以降に私のiTunesで再生された回数の多いミュージシャンTop10は次のとおりです。

  1. Bach, J.S.
  2. The Fireman
  3. The Beatles
  4. Paul McCartney
  5. 坂本龍一
  6. The Beatmas
  7. Flipper's Guitar
  8. GO!GO! 7188
  9. The Beach Boys
  10. Hi-Posi


広告