庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

ミュンヘン

ミュンヘン スペシャル・エディション [DVD]

[物語]
1972年のミュンヘンオリンピックで、イスラエル選手団がパレスチナのテロ組織に人質にされ、殺される。イスラエルは報復のため、事件の首謀者を暗殺するために一人の青年に白羽の矢を立てる。彼は即席のチームを組織し、標的を一人一人暗殺していくが・・・

[感想]
暴力の連鎖に疲れ果てていく主人公の変化がこの映画一番の見どころでしょう。スピルバーグが訴えたかったことはこれで見事に表現されていると思います。

イスラエルまたはパレスチナのどちらかに寄りかからずにこの映画を創り上げた点も素晴らしい。

でも、イスラエル側はみな英語をしゃべり、パレスチナ側はほとんどしゃべらない。このことは、個人的には「パレスチナ人=理解できない人たち」という図式を描いているように感じました。スピルバーグにその意図はなかったのかもしれませんが、そこだけがひっかかりました。


(広告)


このブログ内の関連メモ(Google選定)