庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙 [DVD]

ほんとハリウッドっぽくないなあ、いい意味で。映像から物語から、無理に面白く見せようとするところが一切なかったという印象です。ではつまらなかったのかというとそんなことは決してない。

先日観た「ミスティック・リバー」同様、イーストウッド監督の腕の確かさというか、作品としての質の高さをまざまざと感じさせられました。うまく言えないのですが、私にとって、観終わった後何度も考えさせられ、印象が残ったままの映画であることは間違いありません。

それにしても、いろんなところで語り尽くされているんでしょうが、外国人でもこんな「日本人の映画」を撮ることができるんですね。この「違和感のなさ」からは、制作者の徹底的なこだわりを感じます。「こだわった結果何かをなくす」というのはとても難しいことだと思うのですが、この作品ではそれがいろんな面で成功しているように感じました。


(広告)


このブログ内の関連メモ(Google選定)