庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

ショート・カッツ

ショート・カッツ [DVD]

登場人物約20名。それぞれの毎日を送る彼らが、知らないところでつながり、影響しあっている、という話。ってこれだけじゃどんな話か全然わからないと思いますが。

関係なさそうないろんな人がつながっているという点では「クラッシュ」に似てる面もありますが、受けた印象は全然違います。人間の浅はかさ、運命の非情さ、無関心などの面については、「クラッシュ」によりこの作品のほうがリアルに描きだしていた気がします。

「クラッシュ」からは創り手のメッセージを強く感じましたが(そしてよくまとまっているので観やすく面白くもあった)、この「ショート・カッツ」からはまったく別の「人間という生き物」を見せつけられたような感じです。


(広告)


このブログ内の関連メモ(Google選定)