庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005

ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 (初回生産限定特別価格) [DVD]

まだ全部観てませんが、思いつくまま感想を。

まず最初に観たのが、大好きな「夢の旅人」。予想通りの高画質に感動。室内ライヴバージョンも入っているのがうれしい。

「バンド・オン・ザ・ラン」「マムーニア」は初めて観た。前者は特に「モンティ・パイソン」みたい。なんでこんなにビートルズを意識してるの?

「グッドナイト・トゥナイト」「ベイビーズ・リクエスト」は、わざと画像を粗くしてクラシックな雰囲気を出してるヴァージョンの存在を知らなかったのでちょっとびっくり。

70年代のプロモが感動の高画質で観られるのがうれしい。特に「別れの時」(I've Had Enough)は超低画質のものしか観たことなかったのでうれしい。

ブックレットを引き出すと、そこにはリンダとポールの写真が。そうだよな。そうでなきゃな。

「ロック・ショウ」のコンプリートを出してほしい。頼むから。

ファンなら誰もが思ったことでしょうけど、あるもの全部オフィシャルで出してほしい。買うから。プレイリスト表示画面で使われている画像や音源を観ていると特にそう思います。バディ・ホリーのカヴァーなんてそれだけで鑑賞の価値が十分あるので見入ってしまいました。



広告