庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

未来少年コナンと、子どものころ聴いた音楽

オンデマンドTVに入りました。入会後3ヶ月間、かなりのビデオ作品を無料で試聴できる*1ので、早速いろんなものを観まくり。ちょうど(?)体調もよくなくて、帰宅後はごろっとしていたい日々でもあるし。

それで、小学生以来、28年ぶりに観たのが「未来少年コナン」。放映当時大好きだったアニメです。音楽、池辺晋一郎さんだったんですね。当然当時はそんなことは知らず(というか池辺氏自体存じ上げていない)、ただ主題歌を機嫌良く聴いていたものです。

で、久しぶりに聴いたその主題歌。かなり細かいところまで記憶のとおりだったのですが、決定的に違うことがありました。それは、大人になった今だと、曲の各パートが分離して聞こえること。私の子どものころの記憶は、「主旋律+主旋律がやんだときの他の楽器」だけでした。なので、28年ぶりに聴いて、あ、この主題歌にはこんなパートがあったんだ、とかなりびっくり。

もちろん聴いている主題歌そのものはかつて放映されたものと同一なので、これは完全に受け手側である私の感覚の変化ですね。当時は、音楽と言えば主旋律だけしか聴いてなかったんだろうな。ってことは、バッハを聴いても面白くもなんともなかったに違いない。そういえば、子どものころ、私の家は父の趣味でクラシック音楽が始終流れていたのですが、バッハ作品のお気に入りってほとんどなかったなあ。

訓練を受けた子どもはまた違うんだろうし、個人差もかなりあるんでしょうが、少なくとも私は昔、主旋律しか知覚できなかった子どものようです。

だから今、「改めて聴くなじみの音楽」って、かなり楽しめます。

*1:入会したお店によって特典は異なるようです。



広告