庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

心の翼(Ecce Cor Meum)

Ecce Cor Meum (Luxury)

ポールのニューアルバム、4作目のクラシック作品。輸入盤の、豪華ブックレット付きのほうを買いました。

ブックレットの中の写真は、楽団全体をフィーチャーしたものが多く、ポールはそんなに登場していないので、ファンがポールの写真目当てに買うとちょっとしんどいかも。

肝心の音楽のほうは、全体的にはポール色が薄いというか、何も知らずに聴いてポールの手になる作品だとは私にはわからないだろうなあ。でも、管楽器の細かめのフレーズなんかには独特のポップス感を感じますし、リンダへの哀悼の意を表わしたという「間奏」は聴き応えがありました。ただ悲しいだけじゃない、もっと深い「哀しみ」のようなものがあって。そんなに「悲しい悲しい」しているメロディじゃないのに創った人の想いの強さが伝わる、そんなふうに感じました。


(広告)


このブログ内の関連メモ(Google選定)