庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

僕の彼女を紹介します

僕の彼女を紹介します 通常版 [DVD]

最近、近所のTSUTAYAで、30・40代男性がレンタルするとギネス一缶とグラスがもらえるというキャンペーンをやっています。これにつられ、この連休、毎日DVDを1枚ずつ借り、その都度ギネスをもらって喜んでいるせこい私。で、最初に借りたのがこの作品です。

評判がよいので期待して観始めましたが、前半ははっきり言って肩すかしをくらいました。笑わせようとしてるけどそれほど笑えない。何より、エピソード間のつながりが感じられず散漫な印象。うーん、これは借りてきて失敗だったかも・・・

しかし後半から俄然泣ける展開に。そしてぐいぐいひっぱられ、最終的には「観てよかった」と思いつつ観終わることができました。途中に感じられた散漫さや少々無理な展開もまあいいや、と思えてきたのです。個人的には、まさに「終わり(後半)よければすべてよし」を地でいく映画でした。

ただ、同じ監督と主演女優ということで何かと引き合いに出される「猟奇的な彼女」と比べるなら、私としてははっきりと「猟奇的な彼女」を推したい気持ちです。似た設定とストーリーですが、面白さ、彼女の痛快さ、そしてストーリーの完成度が断然上だと感じたからです。その上、「僕の彼女を紹介します」には、「猟奇的な彼女」を観ていないと意味がわからないある重要なシーンがあります。そんなわけで、これはいろんな意味で「猟奇的な彼女」を思い出させる作品でした。

猟奇的な彼女 [DVD]


当ブログの関連メモ(Google選定)・広告


(広告)