庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

SAW

ソウ(字幕版)


友人の薦めもあって、気になっていた「SAW」を観ました。

老朽化したバスルームで対角線上に倒れていたふたりの男ゴードンとアダム。その間には自殺死体が。足を鎖でつながれた男たちに与えられたのは、テープレコーダー、一発の弾、タバコ2本、着信用携帯電話、2本のノコギリ。犯人から告げられたメッセージは「6時間以内に相手を殺すか、自分が死ぬか」。犯人はジグゾウ。警察に追われている連続殺人鬼。彼がこれまで犯した犯罪とは…そしてふたりの運命は…。(上記リンク先より引用)

予想よりもグロいシーンが多くてちょっと辟易しましたが(スプラッターというほどでもないけど)、友人が言っていたように、結末は最後まで予測できませんでした。しかも、ちゃんと伏線が張ってある。うまくだまされて気分がいい、という感じです。

暗い画面と、殺すほうにも殺されるほうにもなりたくない「趣向を懲らした殺人方法」が「セブン」を彷彿とさせますが、犯人の動機にまあ納得はできること、ストーリーの絡まり具合が秀逸なこと、タイトルのもうひとつの意味がラストで明確になることなどで、個人的には「セブン」よりも完成度が高くて満足です。しかも、後味が悪いはずなのに、「命の大切さ」をも感じてしまうという仕組みも「セブン」よりはいい。

なかなかいろんなヒントを盛り込んだ映画でした。

追伸 その後、樺沢紫苑さんの「ソウ 完全解読」を拝見して、自分の読みとったヒントなど全体の半分くらいしかなかったことを思い知らされました。「根拠のある解読」が列挙され、全部読むのに1時間以上かかるほどの量でしたが、ほとんどは納得のいくものでした。
今まで観てきた他の映画にも見落としがいっぱいあるんだろうなあ。そんなふうに感じたページです。



広告