庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

車でもこれだけ違う - 英会話レッスンは日米の違いをネタにした雑談会

恒例の、アメリカ人の先生との英語のレッスン。なんか最近は、英語の勉強というより日米の違いをネタにした雑談会のような風情です。そのほうが面白いのでいいんですが。

今回は車の話題。で、車の大きさ・グレードを説明する段階ですでに相違が。私が、
「私が前に乗ってたのは1500ccの車で・・・」というと
「何が1500ccなの?」
「エンジンのサイズ(厳密には違うけど)です。日本では大まかにはそれで車のグレードやパワーを表します(これも本当はちょっと違うけど)。」
「アメリカではシリンダーの本数だわ。車に詳しい人はエンジンサイズのことも口にするかもしれないけど。ところでccって何?*1
「1000cc=1リットルです。」
「あらそうなの(とメモる)。」
と、こんな感じ。

他にも、アメリカには軽自動車も車庫証明もないらしいこと(ないだろうなあ、そりゃ)、「新車を買うこと以上に無駄な投資はない」というフレーズ?があることなどを知りました。

もっと自分のいいたいことを説明できればもっと会話が弾むのに、という気持ちが英語の上達につながればいいのですが。

*1:後で先生が調べてくれたのですが、アメリカでもエンジンのサイズを排気量で表すそうです。でもccは一般的でなく、1.5リッターとかそんな表記です。


(広告)


このブログ内の関連メモ(Google選定)