庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

visit or go to, 他店対抗、スーパーボウル

週に一度の英語のレッスンへ。1月15日のコメントでいただいた「ミッキーマウス複数いた場合はミッキ−マイスになるの?」という質問については、なおさんと同じコメントが。「2匹いることはないって聞いてるから、複数形が使われているケースが想像できない」とのこと。

さて今回は、1月16日に書いた引っ越しの件について英作文したものをチェックしてもらいました。結果、不動産屋に行った場合はvisitedではなくwent toを使うべき*1とか、フォーマルな文章の場合はmaybeよりperhapsがいいとかのコメントがいつものようにどっさり。こういうのって学校で習っていたのかもしれませんが、私の頭の中には全然残っていないので勉強になります。

雑談の中では、ヨドバシカメラなどがやっているポイントシステムが話題に。アメリカには電化製品販売でのああいうシステムは聞かない代わりに、「他店対抗=他の店よりも必ず安くします」が一般的とのこと。本やCDなどにはポイントがつくケースが多いようですが。

スーパーボウルのハーフタイムショウにポール・マッカートニーが出演する件も話題に。先生はアメリカンフットボールは全然観ないけど、スーパーボウルでのテレビCMはお金をかけた凝ったものが多いので、それを楽しみにしているそうです。主なスポンサーはビールやポテトチップスの会社、それからナイキリーボックが思い浮かぶとのこと。ちなみに、アップルのマッキントッシュがデビューしたCMもこのスーパーボウルでのものだったという話は、先生はご存じないようでした。

*1:友人、博物館、サイトなどを訪問するのはvisit、商用で訪問するのはgo toだそうです。



スポンサーリンク