庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

よいフランス料理店の条件

妻と、枚方にあるフランス料理店「リブ・ゴーシュ」に行きました。我々にとって、お手軽に幸せになれるお気に入りの場所です。

今回も、内容から考えると信じられないほどリーズナブルな料金でシェフの作品を堪能。そしてその後、シェフとの雑談に。

「もう少し(よしてるの住んでいる西宮に)近ければもっと来るんですけど、なんでこの場所なんですか?」と冗談半分に訊くと、なんでも、フランス料理店をやっていくにはいくつかの条件があるのだそうです。それをクリアしているのがこの場所だったとのこと。

その条件の一つで、生半可にできないのがパン。パンを適切なころ合いに焼き上げるのはかなり難しいそうで、片手間ではいいものができない。それだけの設備や人をそろえるか、近所に腕のいい、一日に何度もパンを焼いてくれるお店が必要になるそうです。

なるほど、パンか。たしかにパンがおいしくないと料理全体のグレードも格下げ感がついてしまいますよね。大事なポイントでしょう。

料理だけでなく、話題でも楽しませてもらった夜でした。


(広告)


このブログ内の関連メモ(Google選定)