庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

高尾山、ポール・マッカートニーのFootprints - Same Time Next Year

Same Time Next Year

あのポールの来日公演"driving japan"から1年がたった2003年11月。忘れられないいろいろな想い出がありますが、気になっていることがひとつ。ポールが公演オフ日に高尾山に行っていたことです。

2002年11月12日、何も知らない私は友人と一緒にポールが宿泊しているホテルで彼を一目見ようと半日待っていたのですが、その間にポールは高尾山に行っていたというのです。そこで気になるのは、高尾山のどこで、何をしたのか?ということ。御茶屋に立ち寄ったとかいう話は聞いているがその御茶屋とは?

こんなことがこの1年間くすぶっていたのですが、ちょうどいいタイミングで、昨年11月14日に一緒にポールのステージにあがったMkさんから「一周年記念に高尾山に行かへん?」とのお誘いが。絶好のチャンスとばかり、一緒に赤シャツで応援したYさんもお誘いし、2003年11月13日に高尾山へ向かいました。1日ずれたけど、大好きな"Same Time Next Year"のメロディが頭の中を流れます。


f:id:yositeru:20151102060723j:plain
私は兵庫県西宮市在住なので、6時過ぎの電車に乗り、新大阪→(新幹線)→新横浜→八王子→高尾→(京王)高尾山口へ。関東在住のMkさんとYさんとは、ここで11時前に落ち合いました。ちょっと雨が心配な雲行きですが、とりあえず高尾山口駅から10分くらい歩いてケーブルカーの駅へ。ケーブルカーは片道470円。


f:id:yositeru:20151102060739j:plain
ポールもケーブルカーを利用したそうです。


f:id:yositeru:20151102060323j:plain
山門をくぐり、ポールが立ち寄ったという御茶屋を目指します。


御茶屋

ケーブルカーの駅から歩いて30分もしないうちに、御茶屋が現れました。最初の「権現茶屋」さんに入って食事をしたものの、ポールが食事したのはここではないそうです。お店の方のお話によると、ポールはこの店に入ったものの、店の奥、東京都心が見渡せるベランダ席を眺め"Beatutiful"とだけ言ってまた出ていってしまったそうです。とはいえポールが来た場所には違いない。私たちはポール最初のfootprintsを確認できて嬉しくなってきました。

そして、ここからしばらく山頂方面に進んだところにある御茶屋「もみじや」さん。ここがポールが食事をした店です。ザ・ビートルズ・クラブの会報によると、もともとは山頂のレストランで食事をする予定だったのが、ポールの希望で日本風の御茶屋に変更となったとのこと。


f:id:yositeru:20151102060328j:plain
f:id:yositeru:20151102060324j:plain
御茶屋「山門前 もみじや」。店先ではおみやげが、店内ではそばや天ぷら、甘酒などが味わえるいわゆる「山の御茶屋」です。※2007年3月追記:現在、外観はかなり様変わりしているとのことです。

ここがポールが食事をした店か・・・と感慨にふけりながら休憩。食事をした後なので、ここでは甘酒を注文。曇り空で肌寒い日だったのであったかくておいしい。Mkさん・Yさんと、ここにポールが来たんだね・・・としばし談笑した後、念のためお店の方に確認してみると、確かにここにポールが来たとのこと。「あれは去年の今ごろ・・・11月12日だったから、ちょうど1年前の昨日ですね。」とはっきり日付も覚えていらっしゃいました。訪ねてくる人がけっこういるってことなのかも。


f:id:yositeru:20151102060326j:plain
お店に入って正面の柱にあるポールのサイン。ジャンパーにサインしていただいたものの、ジャンパーをお店に飾るわけにはいかないのでそれを写真にとって飾っているそうです。
(以下、店内の写真については撮影とサイト掲載についてお店の方の了解をいただいています。)

さて、次に気になるのはポールがどこに座ったのか、です。お店の方によると、奥の、外の景色が眺められる席の向かって左から2番目のテーブルだそうです。4人がけなのですが、ここの左奥の席に座ったとのこと。


f:id:yositeru:20151102060325j:plain
これがその「御席」。当然我々はここに移動し、2杯目の甘酒を注文。


f:id:yositeru:20151102060330j:plain
窓からポールが見たであろう風景。この写真ではわかりにくいですが、森の向こうに大東京が見渡せます。


f:id:yositeru:20151102060327j:plain
これまたお店の方のご厚意で、サインを御席に持っていって記念撮影。こちらのいろんなわがままなお願いにも笑顔でお応えいただいたお店のみなさんに感謝。

(一応、我々は15時過ぎの、比較的お客が少ない時間帯を狙ってお邪魔しました。もしこれをご覧くださって同様にお店で写真を撮影されるつもりの方も、同様のご配慮をお願いできればと思います。なお、営業時間は10時~16時まで、定休日は雨または悪天候時、とのこと。)

ところで、ポールは何を食べたのか?お店の方からはこんなお話が伺えました。「かき揚げそばと冷や奴です。あの方、豆腐がお好きだそうですね。実は最初、お鍋のご注文をいただいたんですけどお魚が駄目らしくて、かき揚げそばになったんですよ。」

舞い上がっていた我々はそれを注文しなかった(というかおなかいっぱいで食べられなかった)のですが、まあ次に来たときの楽しみにしておきます。


ポールの見た風景

御茶屋を出てすぐのところに、お寺「薬王院」があります。744年、東大寺建立で有名な行基が開山したのがきっかけとか。ポールもここに来たようです。山の斜面にいろんな建物が点在しており、一回りするといい運動になります。

ポールは山伏にも会い、いろいろ質問した後角笛を借り一発で吹いてみせたそうですが、残念ながら山伏には出会いませんでした。


f:id:yositeru:20151102061055j:plain
薬王院。ここから山頂まではゆっくり歩いてもだいたい30~40分です。


f:id:yositeru:20151102060329j:plain
山頂へ進んだ後は、来た道を引き返しました。ただし下山はケーブルカーではなくリフトで。料金はケーブルカーと同じ片道470円でした。ちょっと紅葉には早いかな、という感じですが、ポールが行ったときはどうだったのでしょう。


ビートル尽くしの1日

以上のように、心配されていた雨も降らず、無事に高尾山でポールのfootprintsをたどることができました。その後我々は、今度はその足で千駄ヶ谷で行われたジョージ・ハリスン追悼コンサート"Concert for George"のDVDプレミア上映会へ。会場前の長い列には何人もの知った顔が。多くのビートルズファンの友人たちと再会できました。

上映後は、待ち合わせていた友人たちと水道橋の中華料理屋へ。昨年のポール東京公演のあと毎晩打ち上げをしていた場所で、一緒にポールを応援した友人たちと上映会談義に花を咲かせました。結局店を変え3時まで呑んでいたこの日は、まさに1日ビートル尽くし。つきあってくれた友人たちに感謝しつつ、翌日の"Let it Be...Naked"発売を楽しみにしながらホテルの床につきました。


関連メモ


関連サイトご紹介

これより後に高尾山を訪問されたmayumingさんのブログ:Another Day 高尾山



広告