庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

ベルリン・天使の詩

ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版 [DVD]

Rikoさんにご紹介いただきました。

ご紹介コメント:タルコフスキーに比べて少々理屈っぽいところがあるが、やはり美しい映画。人間というものについて深く考えさせられて、それでいて心がフワッと軽くなる、そんな気分でした。

[物語]
東西ドイツ統一前のベルリン。人々の生活を眺める天使(外見は普通のおじさん)の一人が、空中ブランコ乗りの女性に恋をして・・・

[感想]
天使には、人々が頭の中で考えていることがわかります。それが音声となって我々にも聞こえる。だから、この映画では「独り言」がどんどん羅列されていきます。それを聞いているうちに、まるで詩集を眺めているような感覚に陥りました。モノクロームの画面と相まって、他の映画にはない独特の静けさと「言葉の力」を感じさせてくれました。

あと、個人的には、劇中に登場するニック・ケイヴにやられました。静かな画面の中で、強烈な存在感を醸し出しています。


(広告)


このブログ内の関連メモ(Google選定)