庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

英語

社会日常系カテゴリーのおすすめメモ

このブログのメモのうち、「社会と課題」「買い物」「健康」など社会日常系カテゴリからのおすすめをまとめました。

日本はなぜ真珠湾攻撃を行ったのか その3

そう外国人らしき人に訊かれて、うまく説明できないので少し本を読んでみてから(その1・その2)、一応返答してみました。英文ブログ:Why did Japan attack Pearl Harbor?この英文ブログ、もともとは「外国人向け私的FAQ」のつもりで書き始めたものなので、…

Death Note英語版

先日、フランスに旅行に行った友人が「デスノートが平積みで売られてた」と教えてくれました。そういえばロンドン在住の友人もイギリスでもデスノートが読まれているって言ってたし、ふと海外のデスノートってどんな訳され方をしてるんだろうと気になって、…

外国人向け私的FAQ

1990年、初めての海外旅行でイギリスの長距離列車に乗っていたときのこと。向かいに座ったおじさんが、「どこから来たの?」と話しかけてきました。その人も旅行者でアメリカ人とのこと。この後どこに行くの?とかそういう差し障りのない話が続きます。英語…

一行小説

Fixing A Holeさん(現在リンク切れ)で紹介されていたWIREDの"Very Short Stories"。要は数語で完結する「小説」を集めたものです。なるほどと思えるものから私の英語力では意味がとれないものまでいろいろでしたが、超短編ならではの衝撃を一番強く受けた…

All that glitters is not gold.

以前、レッド・ツェッペリン/天国への階段 の歌詞について、"She's buying a stairway to heaven."ってどういう意味なんだろう、ってことをここに書いたことがありました。結局明確な結論は出ませんでしたが、少し前(すみません、日付は不明です)の日経新…

吉村昭「海の祭礼」

19世紀。アメリカ人ラナウド・マクドナルドはスコットランド人とネイティブ・アメリカンの混血として生まれます。それがために差別されることも多く、同時に同じような容貌をした国民のいる未知の国日本への憧れを募らせます。1848年、ついに彼は捕鯨船に乗…

ヘミングウェイ「雨の中の猫」

ある方に教えていただいたこの物語(リンク先は英語・PDF)。こんなに短いのに、いろんな解釈ができるおもしろさ(参考:あらすじと解釈例)。早速、英語の先生と話し合ってみました。先生も私も、この物語に出てくる奥さんが少し精神を病んでいるのでは?と…

酒井邦嘉「言語の脳科学」

英語を勉強していて、言語と脳の関係についてちょっと知りたいなと思って手に取ってみた本です。結果的には、中で紹介されている内容はあまり理解できなかったのですが(著者のまとめ方が悪いわけではなく、多分私の興味や理解力以上にいろいろな要素が詰め…

「このページは引っ越しました」の英訳

本家サイトのリニューアルを開始しました。内容はほとんど変えず、デザインをちょっとすっきりさせHTMLやスタイルシートをちゃんと規格に沿ったものに変えているだけなんですが、けっこうな手間です。雑文も8年間書きためるとけっこうな量になっていることを…

And she's buying a stairway to heaven...

高校時代、レッド・ツェッペリン「天国への階段」について友人たちと何度か話をしました。で、そのときの話題で、未解決のまま今に至っていることがあります。「この"she's buying a stairway to heaven"の"buy"って何やねん」ということです。まあ、歌詞に…

ビル・ゲイツ以上のお金持ち

今週のアメリカ人の先生との会話は、堤義明氏逮捕のニュースがきっかけでした。先生「1980年代後半に世界一のお金持ちだった人が逮捕されたのね。」 よしてる「堤氏ですね。あの人の場合、一から事業を興したわけではないし、ビル・ゲイツとかとはお金持ちに…

コンマの力

土曜日の日記は英語レッスンの報告が恒例になってきました。で、今回はというと、今日先生に教えてもらったのがこの本。英語において、コンマをつけるかつけないかがどれほど大きな違いになるかを説明しているのだそうです(私は読んでいません)。タイトル…

ドイツ語をしゃべる笠智衆

2月18日の日記へのみんさんのトラックバックにさらにトラックバック。コメントでもいいんですが長くなりそうなので。 例えば、「ヒューマ・ホシ、オマエハ 野球人形ダ!」と日本語バリバリのオズマ選手(米カージナルス-->中日ドラゴンズ)ですが、微妙に名…

車でもこれだけ違う - 英会話レッスンは日米の違いをネタにした雑談会

恒例の、アメリカ人の先生との英語のレッスン。なんか最近は、英語の勉強というより日米の違いをネタにした雑談会のような風情です。そのほうが面白いのでいいんですが。今回は車の話題。で、車の大きさ・グレードを説明する段階ですでに相違が。私が、 「私…

英語をしゃべるモーツァルト

映画「オペラ座の怪人」を観た友人によると、この映画の登場人物の一人はフランス語なまりの英語をしゃべっているのだそうです。友人曰く、舞台がパリだから本来はフランス語をしゃべっているはずなので、それを意識してフランス語なまりの英語にしているの…

visit or go to, 他店対抗、スーパーボウル

週に一度の英語のレッスンへ。1月15日のコメントでいただいた「ミッキーマウスが複数いた場合はミッキ−マイスになるの?」という質問については、なおさんと同じコメントが。「2匹いることはないって聞いてるから、複数形が使われているケースが想像できな…

マウスが2つ以上あったら

週末恒例の英語のプライベートレッスン。1月9日に書いた先生への質問「PCのマウスが2つ以上あった場合、英語ではmiceっていうんですか?」の答えが返ってきました。やっぱりmiceというそうです。英語版Windowsのコントロールパネルにそう書いてあるとのこと…



広告