庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

2012-03-26から1日間の記事一覧

梶井基次郎「檸檬」

短編小説集。多くは、大正〜昭和初期の男の日常生活の一部分を切り取っただけのものですが、その心理スケッチがとにかくすごいです。有名な表題作は男が書店に檸檬を置くだけの話ですが、そこに至るまでの男の不吉感、不安感、ふと湧き起こる喜び、これみん…


当ブログの関連メモ(Google選定)


(広告)